似合わせについて


お客様にオーダーされる事が多い「似合うようにお願いします。」について思う事を書かせていただきます。

僕の似合わせの定義は3つ

  • 骨格や顔の形に合わせる
  • その人の持つ雰囲気に合わせる
  • その人の気分に合わせる


 骨格や顔に合わせる

骨格は、大きくわけると 、丸、面長、四角、逆三角形などがあげられます。

一般的に卵型の形がバランスがいいとされていて、骨格をヘアデザインで補正して卵型に近づけるとバランスが良く見えるようになります。

その人の持つ雰囲気に合わせる

人ってそれぞれ違うオーラを放っていますよね。優しそうとか怖そうとか。その独自の雰囲気は個性であってその個性を強調したいのか、やわらげたいのかをヘアデザインでコントロールをする事ができます。

その人の気分に合わせる

これは、コミュニケーションありきの似合わせだと思います。

例えば、春から新生活だからフレッシュな気持ちになれる髪型にしたい!などといった環境の変化でイメージを一新したい時もあると思います。いくら骨格にあっていても、その時の気分にあっていなければそのヘアデザインは嬉しくないと思います。

 

似合わせといってもいろいろな角度からの似合わせがあって面白くないですか?

似合わせについてでした。

 

BASSA上石神井  山川代丞

 

 

2015-04-19 | Posted in ヘアスタイルNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA


2019年7月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031